トップページ>会社設立サポート>法人化シミュレーション

法人化シミュレーション(無料)

会社設立本当に法人化するべきなのか?

大事な取引先が、法人であることを 取引の条件 にするなど、どうしても法人化をすることが避けられないケースもあります。
また、売上が上がり、個人の所得税・住民税の支払いが大きくなってきて、税金を減らす という面で法人化を考えるのも一つのケースでしょう。

会社設立法人化は得?損?

法人化によってどのくらい得をするのか、あるいは損をしてしまうのかを考える場合、様々な要素が組み合わさるので、計算が複雑になります。
消費税の影響もあり、売上や人件費によっては、法人化の初年度と2年目とでは損得の金額が大きく変わることもあります。
より正確に損得の金額を出すことで、本当に法人化をするべきなのか? を検討するには、シミュレーションで損得の数字を算出する方法をお勧めしています。

会社設立法人化シミュレーションをご利用下さい

当事務所では、個人事業を行っている方を対象として、法人化シミュレーションサービスを提供しています。 過去の確定申告書(1〜5年分。3年分以上あれば、予測の幅が広がり、より適切な数字を出すことができます。)の数字を使い、「もし法人にしていたら」という仮定 のもとで数字を出し、個人事業との比較をすることで、法人化すると いくら得なのか、または いくら損なのか を見て頂けます。どなたでもご利用頂けますので、お気軽にご相談ください。


個人事業と法人では売上や経費の違いがあることが多く、税金も概算値となるので正確な数字ではありません。また、個人としての保有資産が多くなってくると、税金の発生もあるので別途検討が必要になります。(このサービスでは売却益などの計算は行いません。)

無料相談フォーム


無料相談のご案内   →トップページへ   ↑ページの一番上へ