トップページ>創業融資サポート>融資お申込み例

融資お申込み例

共通して 過去の経験と自己資金 が重視されているようです。
その他、業種によって事務所や店舗の立地等によって評価が変わることもあります。

融資(1)会社を設立して事業を始める

新たに始める 事業の経験 を見られます。
過去に従業員等として、
○ 何年間、
○ どの会社(お店)で、
○ どのような立場(地位)で、
○ どのような経験を積んできたのか、
を整理しておく必要があり、それらを計画書に盛り込みます。

融資(2)個人事業を法人成りして事業を始める

(1)と同様に経験が必要です。
個人事業と法人とで借りられる金額は同じと言われますが、 個人事業で5年間経った状態で 個人事業として借りる 場合と、個人事業で5年間経った状態で 法人化して借りる 場合とでは、 実は、借りられる金額が大きく変わる ことがあります。

融資(3)売上が伸びてきた(売上が伸びる見込み)

事業の年数によって、借りられる金額変わります。同じような条件であれば、創業時に近い方が金額は大きくなると言えます。

他に、新規事業を始めるための設備投資等のケースがあります。

売上見込みの金額によっても変わりますが、原則として、同じような計画(数字)であれば、 例えば2年目や3年目よりも、1年目(創業時、会社設立時)の方が借りられる金額が大きい 傾向にあります。

不思議に思われることもありますが、「2年や3年やってきているのだから、売上が伸びる分や設備投資する分のみ を貸し、 現状稼働している分は貸さなくてもいい」という見方をされるようです。

逆に1年目は、「現状必要な分を貸す」という考え方になるため、金額が大きくなるようです。
計画書を作成するときには、このあたりを考慮する必要がありますので、ご相談下さい。


創業融資サポート   →トップページ   ↑ページの一番上