トップページ>会社設立サポート>法人化のデメリット

法人化のデメリット

会社設立設立費用がかかる

設立時に、株式会社では 20万円以上の費用 (報酬は別途)、合同会社では6万円以上の費用(報酬は別途)が発生します。

会社設立決算費用が増える

決算時の提出書類が増えるので、決算時にかかる費用も増加 することがあります。(会社の規模によります。)

お客さまの負担を軽減するため、当事務所に会社設立を依頼された場合は、記帳代行サービスを1ヶ月無料 としております。また、開業年度については、記帳代行の標準料金を安めに設定しています。

会社設立社会保険料の負担が増える

社会保険料(健康保険と厚生年金)として、会社と従業員が 給料総支給の約14%(40歳以上は約15%)ずつを負担 することになります。逆に従業員側から考えれば、金額は大きくなりますが、半分を会社に負担してもらうことになります。

会社設立売却益の発生可能性

個人から法人へ資産を移動すると、売却益 が出て税金の支払が発生する可能性があります。土地や建物は税金が大きくなる可能性もあるので注意が必要です。

会社設立法人住民税

個人事業とは異なり、赤字でも年7万円以上 の支払い(法人住民税)が発生します。

会社設立役員報酬は原則定額制

社長や役員の月給である 役員報酬は定額 とする必要があります。年度初めから3ヶ月以内に一度だけ変更することはできます。
(やむを得ず変更することもできますが、その場合は経費にならない部分が発生し、法人税の負担が増えることがあるので注意が必要です。)

その他「資本金の準備 が必要」「個人→法人への 名義変更や営業許可申請 の再取得など諸手続きの発生」などがあります。

状況によって、メリットが大きくなる場合と、デメリットが大きくなる場合とがあります。個人事業からの法人化を考えたとき、法人化して得なのか損なのかを数字で比較して見るための方法として、法人化シミュレーション をお勧めしています。


無料相談フォーム


法人化のメリット   →会社設立サポート   ↑ページの一番上へ