トップページ>キャッシュフロー経営サポート>キャッシュフローコーチにできること・できないこと

キャッシュフロー経営キャッシュフローコーチにできること

キャッシュフロー
  • クライアントの頭の中で漠然としたビジョンやお金の流れを、明快に 言語化・数字化する手助けをする。

  • クライアントが納得の意思決定ができるよう、選択肢を増やし、 根拠づけをする。
    (設備投資の可否、賞与額をいくらにするか、借入の上限設定、根拠のある売上目標の設定、etc)

  • 社長が言っても伝わりにくいお金の話(給料やボーナスはどこから支払われているか、利益はなぜ必要か、 など)を、社長に代わって専門家目線で社員にレクチャーする。

キャッシュフロー経営キャッシュフローコーチにできないこと

  • クライアントに代わってビジョンを考え、数値目標を決定する。

  • 社長に代わって、クライアント企業のビジネス上の意思決定をする。

  • 会社に常駐して継続的に社員教育をしたり、定期的に社員面談をする。
    (社員面談については、キャッシュフローコーチの枠を超えて、別途ご相談に乗る場合があります)

トップページ   ↑ページの一番上